小児アレルギー科|蕨駅の小児科・小児アレルギー科|シティタワーわらびキッズクリニック

Web予約

048-242-5885
〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-7-1 シティタワー蕨1F
MENU

小児アレルギー科

PEDIATRIC ALLERGIES

アレルギー診療

現在、国民の3人に1人が何らかのアレルギー疾患を有していると言われており、アレルギー疾患に悩む人が増えています。
小児に認められる主なアレルギー疾患は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどがあります。鼻水やくしゃみが続く、原因不明の湿疹がある、ある特定の食物を摂取すると蕁麻疹が出るなどという場合は、アレルギー疾患が疑われますので御相談ください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、「強いかゆみ」と「皮疹」があらわれ、皮膚症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下しており、さまざまな刺激に皮膚が反応して炎症が生じやすくなり、さらにアレルゲンが皮膚へ侵入しやすくなると考えられています。
治療は、「症状がないかあっても軽微で、日常生活に支障がなく薬物療法をあまり必要としない状態「を目指して進めます。
①炎症を抑える薬、②スキンケア、③悪化因子の把握と対策の3つが基本です。炎症に対してのステロイド外用薬に加え、保湿薬などのスキンケアを継続します。治療により皮膚が一見きれいになっても皮膚の深い層に炎症が残る場合もあるので、治療を途中で止めないことが大切です。

気管支喘息

気管支喘息は、呼吸をするときの空気の通り道(気道)にアレルギー性の炎症があるため、さまざまな原因に対して過敏に反応して気道が狭くなって、呼吸が苦しくなる病気です。
気道が狭くなり喘息発作が起こると「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」という音(喘鳴)が生じます。気道のアレルギーの炎症を治療せずそのままにしておくと、繰り返し何度も喘息発作が起きてしまいます。喘息の大きな発作が起きると、空気の通り道がふさがって、呼吸ができなくなってしまうこともあります。 治療は、気道のアレルギーの炎症をしずめるための長期管理薬の服用を続けます。喘息症状がない状態を維持して日常生活が普通にできることを目標に治療を進めます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎は、スギ花粉などによって引き起こされる季節性アレルギー(花粉症)と、ダニやホコリによって引き起こされる通年性アレルギーに大別されますが、どちらも混在していることもしばしばあります。
また、花粉症と一括りに言っても、春はスギ、ヒノキ花粉、夏はイネ科、秋はブタクサなど、季節によって特徴的な花粉があります。複数の花粉にアレルギーがあるケースも珍しくありません。
アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の症状は、季節性・通年性いずれでも、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目の痒み、充血などです。
治療として、原因が除去できる場合には可能な限りで予防・除去を行い(こまめな掃除など)、抗ヒスタミン薬内服による治療を行います。
お子様の場合には、はっきりとした診断をされずに長期に抗ヒスタミン薬を内服している場合がありますが、抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が出ることもあるため、可能な限り診断をしっかり行うようにしましょう。
また、当院では舌下免疫療法というアレルギー性鼻炎を治す治療も行っています。保険診療が可能なのがスギとダニの2種類のみになりますが、ご希望がある方はお気軽にお問い合わせください。

食物アレルギー

食物アレルギーは、ある特定の食べ物を摂ったあとにアレルギー反応があらわれる疾患です。乳幼児の5~10%、学童期の1~3%が食物アレルギーを持つと考えられています。多くのお子さんは、成長とともに腸管が発達して、徐々に原因食物が食べられることが多くなります。
食物アレルギーの症状は身体のどこかだけにあらわれる場合もあれば、全身に複数の症状があらわれることもあり、この状態を「アナフィラキシー」と呼びます。皮膚(蕁麻疹、発赤など)、消化器(腹痛、下痢、嘔吐など)、目(充血など)、呼吸器(くしゃみ、鼻水、咳、呼吸困難など)、神経(頭痛、意識障害など)があらわれます。上記の症状が強くあらわれて、さらに血圧の低下や意識障害などを伴う場合を「アナフィラキシー・ショック」と呼び、生命の危険にまで及ぶことがあります。
食物アレルギーの診断には、まずは症状が出た時の状況や家族歴などの詳細な問診を行います。その後、疑わしい食品に対し、血液検査や皮膚テスト、食物経口負荷試験などを行います。過去にアナフィラキシー・ショックの経験があり、体重が15kg以上のお子さんには、緊急時に備えてアドレナリン自己注射(エピヘン)を携帯されることをお勧めしています。

pagetop