小児科|蕨駅の小児科・小児アレルギー科|シティタワーわらびキッズクリニック

Web予約

048-242-5885
〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-7-1 シティタワー蕨1F
MENU

小児科

PEDIATRICS

小児科

小児科診療全般を行っています。
鼻汁、咳嗽など、お子様でお困りのことは何でも相談をお受けいたします。育児相談、予防接種スケジュール相談なども幅広く対応しています。

発熱

発熱は「病気の徴候」として、養育者の関心が高い症状だと思います。小児の発熱の原因は、大部分が感染症で、その他にはうつ熱(熱中症)、膠原病、悪性疾患などがあります。
ウイルスや細菌などの病原微生物が体の中に入ってくると、多くの場合、体は体温を高めて対応します。体温が上がると、体が病原微生物を排除するための免疫力が高まり、一方で病原微生物は繁殖力が弱まります。つまり、病原微生物と戦うためにわざわざ熱を出しているのです。ですから、解熱薬を使って体温を下げることは、感染症を早く治すことにはつながりません。

しかし、熱には体にとって不都合なこともあります。特に、水分の消耗が大きくなり、熱で食欲が落ちることとあいまって、脱水症の危険が高まることです。また、熱のためにけいれん(引きつけ)を起こすこともあります(けいれんの項を御参照下さい)。
ただ、「熱があまりに高くなると脳が障害される」ということは、感染症に伴う発熱では通常は起こりません。したがって、解熱薬は熱のために水分を摂ってくれないとか、ずっと機嫌が悪くて寝てくれないなど、熱のあることが体に悪影響を及ぼしているときだけに使うようにしましょう。なお、小児に安全な解熱薬はアセトアミノフェン(カロナールⓇ、小児用バファリンⓇ)とイブプロフェン(ブルフェンⓇ)だけと考えて下さい。成人用の解熱薬は決して使用しないで下さい。なお、比較的元気がある場合は、絞ったタオルで体を拭いてあげたりぬるい(お子さんの体温より2℃位低い)お風呂に入れたりすることにより、少し体温が下がって気持ちがよくなることがあります。

高温環境(熱が出たときに汗をかかせようとして温めることも含む)に置かれたために体温が上昇してしまうのがうつ熱(熱がこもること、熱中症)です。これは、できるだけ早く体温を下げてあげないと、危険なレベルに体温が上昇する可能性があります。お子さんがぐったりしていて、御家庭で対処が難しい場合は、救急で診てもらえる医療施設を受診しましょう。

鼻汁(鼻水)、鼻閉(鼻づまり)

鼻汁は小児がクリニックを受診する理由で最も多いかもしれません。なにしろ「ハナタレ小僧」という言葉があるくらい小児にはつきものの症状ですね。
鼻汁には透明で水のような「水様鼻汁(水ばな)」と黄色くて(よく緑色と表現されます)粘り気のある「膿性鼻汁」の2種類があります。膿性鼻汁は、その名の通り「膿」つまり病原微生物と戦う白血球が多く含まれています。

鼻汁の原因の大部分は、鼻粘膜へのウイルス感染(風邪)、鼻粘膜から副鼻腔への細菌感染(鼻副鼻腔炎)、そしてアレルギー性鼻炎のいずれかです。風邪の場合は、水様鼻汁から始まり数日で量が減ってきて膿性鼻汁に変化して止まります。水様鼻汁は鼻に侵入した異物を流し去るために出るものですので、体の防御反応の一つです。風邪の時に薬(抗ヒスタミン薬)で鼻汁を止めることは風邪を早く治すことにつながりませんし、抗ヒスタミン薬にはけいれんを起こしやすくする副作用などもありますので、通常薬は必要ありません。鼻がかめないお子さんの場合には、鼻汁を吸引してあげるのがよい対処法です。鼻閉は、先天的なもの、腫瘍、異物などを除けば、鼻の粘膜が炎症によって腫れるために、空気の通り道が狭くなることが原因です。鼻閉は「鼻水ダラダラ」よりもむしろ辛い症状ですが、これも残念ながらあまりいい薬はありません。やはり鼻腔にたまっている鼻汁などを吸引で取り除いてあげるのが大切です。ヴィックスヴェポラッブⓇを寝る前に胸に塗ると、メントールを含んだ蒸気が鼻から吸引され、粘膜の腫れがおさまって通りがよくなります(ただし6か月以上)。

膿性鼻汁が長く(数日以上)続く場合、つまり通常の風邪の経過より膿性鼻汁が長引く場合は、細菌感染による急性あるいは慢性の鼻副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)を考える必要があります。抗菌薬などを使ってもよくならない場合は耳鼻咽喉科の先生に診ていただきましょう。最近小児にも増えてきているのが、花粉症を含むアレルギー性鼻炎です。これについては小児アレルギー科の診療内容を御参照下さい。

発熱とともに咳も養育者にとっては心配な症状の一つですね。咳き込んで夜も眠れないような様子を見ると、「早くなんとかしてあげたい」と思われることでしょう。

咳の原因の大部分は気道(鼻、のど、気管、気管支、肺)への感染症と気管支喘息などのアレルギー疾患ですが、他には心疾患、気道異物、胃食道逆流症、心因性(心の問題)などもあります。咳は気道になんらかの刺戟が加わったとき、つまり何か気道にあっては具合が悪いものがあるときにそれを外に排出するための反応です。
したがって、強力な鎮咳薬(咳止め)を使って咳を抑えてしまうのは、ひどい咳のために体力を消耗してしまうような場合(たとえば百日咳)以外は避けるべきです。なお、1歳以上に限りますが、ハチミツをスプーン1杯程度摂取すると咳止めの効果があることがわかっています。寝る前に飲ませてあげると夜ゆっくり眠ることができると思います。

嘔吐・下痢

小児はよく吐くものです。新生児がおっぱい(ミルク)をタラタラとあるいはある程度の量をケポっと吐くことや、乳幼児が強く泣いたり咳き込んだりしたときに吐いてしまうのはよくあることなので、心配はありません。しかし、嘔吐の原因には命にかかわるような重い病気も含まれているので、お子さんが嘔吐して、その後も元気がないようでしたら受診をお勧めします。

下痢とは水分が多く含まれている水のような、あるいは泥のような便を排出することをいいます。通常は排便の回数も増えます。下痢の原因の大部分は嘔吐下痢症(ウイルス性腸炎)で、腸に負担をかけすぎないような食事と脱水を防ぐ水分を与えていれば、短期間でおさまります。強力な止痢薬を使う必要はありません。便に血液が混じっている(血便)、下痢が長く続くなどの場合は、腸重積症、細菌性腸炎、食物アレルギー、炎症性腸疾患など様々な病気が考えられますので、必ず受診して下さい。

便秘

便秘の定義は色々あり、まだ議論が続いていますが、「慢性便秘症診療ガイドライン2017」では「本来なら体外に排出すべき糞便を、十分量かつ快適に排出できない状態」とされています。小児を対象とした「小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン(2013)」では、「便が滞った、または便がでにくい状態である」とされ、慢性機能性便秘症の診断基準が示されています。最初から難しい話になりましたが、要するに排便回数や便の硬さだけの問題ではなくて、あまり苦痛なく直腸にたまった便をスッキリと排泄できるかが重要です。

「器質性の便秘症」というのがあります。腸の一部が狭くなっていたり、排便をコントロールする神経に問題があったりするために便秘が起こる状態で、専門施設での診断と治療が必要です。そのような病気がなくて便秘が長期間(概ね2か月以上)続いているのが「慢性機能性便秘症」です。便秘は長く続くほど「くせ」になり、治療にかかる期間も長くなります。お子さんが排便するのに苦労している感じが見られたら、是非早めに御相談下さい。

腹痛

小児から高齢者まで、医師が最も診断に頭を悩ませる症状の一つです。つまり、様々な原因があり、何でもないものもあれば重い病気も含まれています。したがって、腹痛の原因をつきとめて適切に対応する事が重要です。排便したらすっきりして腹痛がなくなるような場合を除いて、できるだけ早く受診することをお勧めします。特に、痛みが非常に強い場合、腹部のどこかに限局している場合、逆に腹部全体に広がっている場合、おなかを触ると反射的に腹筋を緊張させるような反応(筋性防御といいます)が見られる場合は、緊急の事態も考えられますので、夜間や休日でも受診をお考え下さい。
なお、男子の場合精巣(睾丸)の異常でも腹痛を訴えることがあります。下着をめくって陰嚢が腫れたりしていないかどうかを確認して下さい。

発疹(皮膚の異常)

小児の皮膚には様々な「正常の皮膚ではない部分」つまり発疹が生じます。よく見られるものをざっと列挙してみましょう。

  • あざ、ほくろ:
    生まれつき、あるいはいつの間にか皮膚に生じている赤い、茶色い、黒い、あるいは白い発疹です。
  • 湿疹、皮膚炎:
    何らかの刺戟に対する反応として、皮膚に炎症が生じている状態です。アトピー性皮膚炎もこの仲間です。詳しくは小児アレルギー科の診療内容を御参照下さい。
  • 蕁麻疹:
    毛細血管から皮膚に水分が移行して皮膚(の一部)がむくんだ(浮腫)状態で、赤く不規則な形をした「腫れ」とかゆみが特徴です。
  • 水疱(水ぶくれ):
    皮膚の表面に近いところに体液がたまった状態です。つぶれると中の液体が出てきます。水疱の原因には、水痘(みずぼうそう)、伝染性軟属腫(みずいぼ)、伝染性膿痂疹(とびひ)、汗疹(あせも)、熱傷(やけど)、外傷性水疱(まめ)など様々なものがあります。
  • 膿疱(おでき):
    皮膚の表面に近いところに膿がたまった状態です。湿疹、皮膚炎に伴うものと、病原微生物の感染によるものとがあります。
  • 感染症に伴う発疹:
    ウイルスや細菌などの感染症の症状の一つとして発疹をしょうじる病気がたくさんあります。麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、水痘(みずぼうそう)はワクチン接種が行き渡ったためにほとんど見なくなりました。手足口病、溶連菌感染症、突発性発疹、伝染性紅斑(りんご病)などがよく見られます。
  • 乾燥肌(皮脂欠乏症):
    思春期以前の小児では皮脂の分泌が十分でなく、皮膚がカサカサになりやすいのです。そのような皮膚はかゆみを生じ、掻くことにより湿疹へと進んで行きます。適切なスキンケアが必要です。

小児の皮膚疾患には専門の皮膚科の先生にお願いしないといけないものもありますが、大部分は小児科医が対応可能です。遠慮なく御相談下さい。

けいれん(ひきつけ)

けいれんとは、原因の如何を問わず「意志とは関係なく筋肉に力がはいる状態」をいいます。筋肉に力がはいると、ピクピクとした律動的な動き(間代性けいれん)や、突っ張るような動き(強直性けいれん)が見られます。

小児のけいれんの原因で最も多いのが体温の上昇(熱性けいれん)です。だいたい1歳から6歳までの小児に見られます。全身の間代性または強直性けいれんで、ほとんどが5分以内におさまり、まもなく意識も戻って、後遺症を残しません。けいれんの原因にはすぐに対処しなければいけない病気もふくまれています。けいれんが止まったあとも具合が悪いようでしたら必ず受診して下さい。

もしお子さんにけいれんが起こったら、あわてずに安全なところに寝かせ、けいれんの様子、顔色、呼吸などをよく観察して下さい。けいれんで舌を噛むことはまずありません。口の中に指や棒などを入れるのは危険なのでやめましょう。

pagetop